戯言日記

ホロレンジャーの戦いの記録

【翻訳】Mixed Reality Q&A 

元記事:
www.moremixedreality.com

注) 素人翻訳です。

Mixed Reality Q&A
サンフランシスコのイベントの後、イベントに集まったジャーナリストの質問にキップマンは回答しました。

質問: パーソナルホームに友達を呼び込める、クリフハウスソーシャルを作る予定ははありますか。

キップマン:もちろん。現在のWindowsリリースではないかもしれないが、Windowsはこれから先のリリースプランを持っており、クリフハウスソーシャルは我々のプランの一部です。

質問XboxとVRについてすぐに何か聞けることに期待してもいいですか。

キップマン:我々はXboxのVR計画についてかなりオープンにしています。リビングルームでMixed RealityまたはVirtual Realityについて考えるとき、リビングルームは共同空間です。適切な位置に配線する必要があります。ヘッドセットからワイヤー、無線の状態に至るまで、バーチャルリアリティの最先端技術ですら、リビングルームで実際に楽しい体験できるということを、今はまだ信じていません。

我々が考えたことは、まずコードが既に適切な場所にあり、GPUとCPUのマシンパワーが適切なPCでこの体験を活用することです。もちろん、Xboxでも実現しようとしていますが、今日は何も発表するつもりはありません。

質問:初めての空間OSとしてWindows Mixed Realityを説明しました。あなたはそれをWindows10と区別したいですか、それとも同じものと考えていますか? あなたが提示しているように、Windows 10以外の独自のOSのように見えますが。

キップマン:その質問してくれて嬉しいです。なぜならそれを明確にしたかったからです。完全にWindows10です。これらは一つのOSです。Windows10であり、我々は愛しています。

私が差別化したいのは、1つのOSが将来どのように進化していくかです。全てのマシンについて実際重要なのは、このバージョンのダウンロードをするであろう10月17日です。同じ美しいデスクトップを持ち、ヘッドセットのプラグを繋ぐだけで何もインストールはいりません。ヘッドセットのセットアップに従っていけば、おそらくいくつかのアップデートをダウンロードし、開始できます。この最初の空間OSであるというアイディアは、Mixed RealityというImmersiveな世界とくっつくOSの自然な進化にすぎません。なので、我々はWindows10と差別化しません。Windows10です。

質問:10月17日までに、いくつのMixed Realityのタイトルが利用可能であるか説明するつもりですか?あなたがキラーアプリと考えているものはありますか?

キップマン;私にとって、Mixed Realityのキラーアプリとはオルトスペースコミュニケーションです。コミュニケーションファブリックでは全ての人が愛する家族といることができます。または雇用主として、実際に身体的に存在することなく世界中にいることができるようになります。この能力がもたらすものは、なぜあなたが今日ここにいるのか?です。このことについて考えてみてください。皆が皆、顔と顔のやり取り、互いの表情を読むことに価値を置くことを私は願っています。この体験はSkypeやテキストメッセージ、email以上です。

我々は、存在する力を信じています。ちょっとしたことは、同じ空間場所にいる必要があることです。Mixed Reality は時間と空間を超越するスーパーパワーを与えてくれ、そして今突如とても近い将来に、このImmersiveなコミュニケーションを利用できるようになります。私は火星の表面に立っているかもしれません。それがキラー体験です。それがコミュニケーションです。あなたは、我々の今回の買収がMixed Realityなコミュニケーションファブリックを構築し始める戦略の一環であると分るでしょう。

あなたの質問の最初の半分の答えは、ストアでいくつのタイトルが利用可能になるかでしたね。ストアそのものです。多くのタイトルが常にあります。最初からストアでは2万アプリ以上があります。Immersive virtual reality 体験の壁を見たでしょうがそれらは一部です。数字を引用する必要がある場合は2万だが、Microsoft Storeそのものだ。より多くのタイトルが常に登場しています。

質問;AltspaceVRの買収についてもう少し詳細をいただけますか。どれくらいのチームメンバーがMicrosoftに入る予定ですか?リブランディングする予定はありますか?買収額について何か言えますか?

キップマン:これについてはほとんど話せません。買収の主な目的は、我々が買収した理由に真実を保つことです。大部分は、ソーシャルMixed realityの先駆者であった人々とのパートナーシップです。参加する力のポイントは、お互いから学び、誰もがもつDNAを共有することです。

その観点から、チームの大半は買収の一環としてやってきました。ブランディング、将来の方向性について今日は何も話すことはありません。この買収の目的は、チームをまとめて、コミュニケーションを中心とした複合現実の未来を一緒に作り始めることです。

質問:継続するためにAltspaceVRを増築するアイディア、あるいは新しいソーシャル体験を創り直すことを考えていますか。

キップマン:それはとても慎重になっています。はじめは正確に彼らの居場所を保っています。彼らはvirtual realityで非常に活気のあるコミュニティを持っています。我々はそのコミュニティを愛し、そのコミュニティが強くなっていくことを望んでいます。彼らは多くのプラットフォームにも属しており、我々は、webから電話、そしてその間のどこへでも、どのプラットフォームにいても、そのコミュニティを引き続きサポートしています。それがあなたに回答できる最も単純な答えです。はじめは、Altspaceでは何も起こりませんが、そのコミュニティを更に構築し、コミュニティを進歩させていきます。

人々が自分のクリフハウスを訪れることができるかという問いに対して、この体験を進化させます。明日の世界では、没入的なこれらの体験に参加するとすぐにあなたが愛する人々、一緒に働く人々、コミュニケーションしようとする人々と一緒になることができることが想像できます。Altspaceは未来の世界のための非常に良い基盤です。しかしもう一度、私はそれを買収したという事実に興奮しているだけです。我々はAltspaceのコミュニティが大好きで、Altspaceはどこにも行きません。

質問;2Dで多くの従来のアプリとインタラクションするのを見ました。Mixed reality インタフェースにいくつかの従来アプリが進化していくタイムテーブルはありますか。

キップマン;あなたは混在していくのを見ると思います。大部分は、WindowsUniversalAppのうち、ポートフォリオ全体に多大な価値があります。プラットフォームホルダーとしての私の目的の一部は、開発者の摩擦を減らすことで、Xbox、PC、HoloLens、Immersive対応デバイスを経由する統一のプラットフォームをターゲットにすることです。

Universal Windows platform上の他のものと同様に、開発者はデバイスのエンドポイントをカスタマイズしています。同じ方法でXboxでSpotufyをXboxとPCで入手しできますが、アプリは少し異なっています。1つは、約10フィート離れたところからゲームパッドで制御する必要があり、もう1つは、約2フィート離れたところからマウスで制御する必要があります。Spotifyの人々は、そのエンドポイントに一致するように入力と出力の両方をモーフにした単一のアプリケーション内のエンドポイントを調整します。明日のSpotifyが同じことをMixed reality内でもやっていると想像するのは簡単です。ベゼルを壊して、音楽を私の周りに置くようなものです。

私が小さな蝶のアプリの写真をあなたに示した例は、その例です。これは、ベゼルを持たないUniversal Windowsアプリであり、コンテンツはちょうど飛び出しています。あなたは、Windows Mixed Realityでコンテンツが表示されるのを目の当たりにしています。時間の経過とともに、アプリケーションの大部分は、こんなことを言えるくらい賢くなるでしょう。「私がこれらのタイプのことをしている間に、モーションコントローラの最適化をします。私がこれをやっているときに、ベゼルを必要としないようにもっとカスタマイズします。」

質問Windows Mixed Realityプラットフォームについては、コンシューマとエンターテイメントらとエンタープライズとコマーシャルらの両方に対するプラットフォームの初期段階をどのように見ていますか?Mixed realityの良いビジネスアプリケーションは多くありますがその多くは特注です。コンシューマ向けアプリはもっと一般的で幅広いです。初期ではビジネスフォーカスあるいはコンシューマフォーカスのどちらが規模が大きいとみていますか。時間の経過とともにどちらか、あるいは他にシフトしていくと考えていますか?

キップマン;人は人だと思います。あなたは消費者ですか、それとも今働いていますか?私たちはこれら全ての事を行います。将来的に受け入れる美しいものの一つは、これらの出刃押しがこれら全てのことを行う必要があるということです。ラップトップで映画を見たり、映画やゲームをすることに時間を費やすかどうかは問題ではありません。答えは「はい」です。それは日によって、人によって時間によって変わります。あなたはMixed realityの初期でさえ同じものを見るでしょう。

例としてHoloLensのようなものを使用することで、私たちは近代的な職場でより早い牽引力を持ち、人々の生活を変えています。私はあなたが正しくこれらのアプリを特注のアプリより呼んでいると考えています。世界が進歩するにつれて、ISBがより多くの常緑樹のアプリを構築してることや、優れた価値のものを見ることになるでしょう。エンターテイメント、ゲームなどでは、今日、今後現れる多くのコンテンツがあります。

その質問に対して答えないだろう。私はこれらデバイスがコンピューティングの未来だと思っています。我々はこれらデバイスをほとんどの場合着用していきます。その価値は、私たちの仕事の仕方、コミュニケーションの仕方、遊び方に革命をもたらします。それは全てに対してです。

質問:より多くの企業にこれらヘッドセットを具体的に採用することをどのように奨励していますか。

キップマン:ここでの重要な前提は、お客様にとっての選択肢とパートナーにとっての機会です。スペクトル全体をターゲットとすることができる単一のOSですべてを接続します。今年の初めに開発者向けに行ったカンファレンスで、Cirque du Soleilのパートナーとのデモンストレーションを行いました。私たちがステージ上で通常見せていることは、シースルー・デバイスであるHoloLensを身につけている労働者のセットで、何かをやっているところです。この場合、彼らはショーを建てて、物を動かしていました。しかし、誰かにテレポートするように頼んだとき、Windows Mixed Eealityヘッドセットの1つでアバターとしてテレポートしました。ビジネスコンテキストのどこかに瞬間移動している場合は、物理環境がそこに存在することを必ずしも望んでいません。あなたは誰かを助けようとしているので、Virtual環境が必要です。この場合、その人は、「ねえ、そこに移動してください。その小道具ではない、それは違う。」を言えます。

私がこれらの体験を結びつけることができるという事実。例えば、HoloLensではファーストラインの労働者、Virtual realityデバイスでは知識労働者を雇うことができます。両方をターゲットする単一の体験、単一のサービスはビジネスが求めているものです。これは、Microsoftが唯一の企業であることを誇りに思う理由です。私たちは、ARやVRなどを作るつもりはありません。私たちは、「人々は電話を持っています。彼らはPCを持っています。彼らはImmersiveデバイスを持っています。彼らはシースルーデバイスを持っています。MixedRealityのコミットメントで、バリューチェーン全体の価値をどのように提供するのですか?」と言います。

質問:ハードウェアの観点からは、古いMRヘッドセットはMicrosoftのリファレンスデザインを厳格に順守しています。ディスプレイはほとんど同じでした。Odesseyでは、OLED ディスプレイ、マイクなどのプレミアム体験のようです。Integratedグラフィクス、そしてUltraでWindows Mixed Realityを持っている場合、そして二つの異なるクラスのハードウェアを持っている場合、プラットフォームは少し破綻しますか?

キップマン:私の見方では、これらの美しく、驚くべき、強力で素晴らしいヘッドセットを古いものとは呼んでいません。10月17のものは全て新品です。あなたが見ているのは顧客の選択です。価格帯での選択、仕様上での選択。これらは全てリファレンスデザインに基づいています。これらのヘッドセットはすべて、UltraでもWinMRマシンでも気にすることなくプラグインすればそれだけで動作します。

断片化する視点は良くないです。ヘッドセットは時間とともに変化していきます。パートナーには機会があります。我々は驚くほど創造的なパートナーのエコシステムを持っており、ビジネスと顧客に価値をもたらすために協力しています。これを行うにあたり、IntelAMDNvidiaなどのシリコンパートナーと協力して、体験の総所有コストを削減し、シームレスな体験を維持するために単一のプラットフォームを構築しています。

今年私たちのラインに入ってくる顧客の違いは、外部グラフィクスで何かをしようとする場合のWindows Mixed Reality Ultra スペックです。彼らが内部グラフィクスを望むなら、Windows Mixed reality 体験です。ヘッドセットをいずれかのスペックに挿し込むだけで動作します。

質問:今後購入できる全てのデバイスがこのようなケースになるのでしょうか。

キップマン;あなたは未来的な質問をしており、回答が難しいです。あなたに言えるのは、私たちの前提とポリシーは、顧客の素晴らしい体験を確実に生み出すことです。その観点から。どこにプラグインするかの複雑な行列を作成することは実際それほど妥当ではありません。私は、Ultra上で動作するいくつかのコンテンツは全てで動作すると考えています。それは、今日のゲームと変わりません。スパーハイエンドゲームを望み、ピクセルを残しませんか?そうなるとより厳しいGPUが必要になります。

コンテンツは自由に流れ込み、我々のストアはすでに既に必要なスペックのタイプを顧客に明確に伝えることができます。しかし、ヘッドセットに関する私たちのポリシーは、実際には、あなたがヘッドセットを購入し、プラグインし、セットアップを実行し、それだけで機能します。

質問:携帯電話で動作するWindows Mixed Realityはどこにありますか?

キップマン:今日この話題で共有できるものは何もありません。今日は、これらのヘッドセットについてお話します。私はその日の終わりに、電話からPC、ヘッドセットに至るまで、Mixed Realityの流れを離します。私たちが話していることを詳しく追ってみると、このMicrosoftの考え方について話します。Microsoft Graphは、そこにある複数のデバイスであるエコシステム全体を確実に受け入れるための能力です。この場合、iPhoneまたはAndroidの電話でWebのブラウジングを開始し、PCでそのブラウジングを続行するか完了させることができます。または、PCでPowerpointを作成し、iOSAndroid、またはWindowsの電話で完成させることもできます。

Mixed realityの観点から、私たちが構築しているこのMicrosoft graphを引き続き活用して、顧客へのこの価値が継続することを確実にする未来を想像するのはとても簡単です。私は最初に言いました:このことは、時間、空間、デバイスを超越するだろう。私はあなたがあなたのポケットに何を持っているのか分からないが、私はそれがWindowsの携帯電話ではないと賭けるつもりだ。しかし、その経験からあなたに来る価値は何ですか?人第一にしましょう。顧客第一にしましょう。Microsoft graphでは、私たちの体験がデバイスの超越を開始することを期待すべきです。

今年は、業界全体がMixed Realityを取り入れようとしてきたことに興奮しています。皆さんは他のプラットフォームの開発を見てきました。私はそれに興奮している。これはエンタープライズ環境とコンシューマ環境の両方で、より多くのセンサーとデバイスがAIが搭載されたOS、Mixed reality体験に価値をもたらし、バリューチェーン全体の価値を見せます。

質問:デモでは、サムスンのヘッドセットでARとVRの両方を提示しました。ビジネスユースがARでコンシューマユースがVRである初期の段階で、市場はすでに崩壊していますか?

キップマン:私は本当にそうは思わない。これについては話しました。だから我々はそれをMixed realityと呼んでいます。疑いの余地がなければ、近い将来、デバイスは両方を担うといえます。たちはこれらのデバイスを何と呼びますか?HoloLensを不透明にすると、それは何ですか?ARをVRに渡すとすぐに、それは何ですか?

ほとんどの企業では、ジェットエンジン、製造ライン、石油精製所で作業する第一次労働者のシナリオでHoloLensを使用していますが、机に座っているヘルプや遠隔支援などのナレッジワーカーはしばしばVRヘッドセットを着用したがります。

ほとんど、あなたが見ている世界はプラットフォームを断片化しているために、企業は選択の必要があります。消費者は選択する必要があります。2015年の初めから、このことをMixed reality と呼び、両者にとって統一されたプラットフォームを作りました。同じuniversal platformを備えたこれらの豪華なデバイスを、同じく素晴らしい企業と消費者に提供することで、あなたが理解することは両者を扱う範囲を持つということです。

実際の価値は、人や場所、物をデジタルやアナログのいずれかの方法で輸送しているときに発生します。これらのデバイスでは、これを行うことができます。

質問:あなたはCliff Houseと、興味深い生産性に関する多くのアイデアWindowsの中でのマルチタスキングのアイデアを見せくれました。私は既にこれらのシステムを少し使っています。しかし、私が目にした問題は、キーボードの問題をどうやって解決するか、修正するかということです。

キップマン;私はこのこと偏って取り組んでいるかもしれませんが、最近は自分のモニターよりも働いているとき、生産的なときに使用しています。Windowsの美しい点は、これらすべての入力をサポートしていることです。机の前に座っているときは、30インチモニターではなく。全てのデータを自分の周りに持つつもりです。私は椅子に座ることができ、キーボードとマウスはそこにあり。それを感じることができます。

明確に、シェルの任意の場所で任意の入力をして、同じWindows10のvirtual キーボードを表示することができます。同じWindoes10ユニバーサルなので、何にでもインクをつけることができます。ゲームパッドやモーションコントローラを使用することができます。モーションコントローラでvirtualキーボードを入力すると、指でvirtualコントローラを使用するよりも早くなることが分かりました。ダブルクリックもできます。しかしメールを読み書きしているとき、ディクテーションのためにボイスを多用しています。あなたがWindwos10の最新バージョンでディクテーションを使用したかはわかりませんが、素晴らしいものです。私はパラグラフを入力しています。いくつかのコードを書く必要があるときはいつでも、私はキーボードを自分の目の前に置いています。

未来を少しみれば、virtual 空間でキーボードを実際に見て、それを操作することができるというmixed realityのアイディアは不自然なことではありませんが一つ重要な違いがあります。スーパーパワーです。QWERTYキーボードである必要はありません。創造性の観点から、その文脈における力を想像してみてください。本当に強力なコンセプトです。

質問:クリフハウスは、ナビゲーションを含む、完全に座って使用するのに適していますか?いかなる場所でのアクセシビリティを考慮していますか?

キップマンWindows 10のアクセシビリティは最高です。これは新しいオペレーティングシステムではありません。それはWindows 10です。私は両方でそれを使用しました。私はそれを座って使いました。その時点で私はほとんどテレポートしています。私がリビングルームにいて、動き回るゲームSpace Pirate Trainerをしているとき、私はずっと動き回っています - もし私がシェルにいれば、テレポートだけでなく場所から場所へ物理的に動き回っています。私たちは、両方の場合で体験が素晴らしいことを確かめるために、非常に詳細な職人技をたくさん取っています。

それは、物理的に歩き回っているときにどのように安全を保つか?落ちることがないと確信するようどのように境界を置くか?経験があれば、境界を設定することができます。座っているときではなく、物理的に歩き回る場合、環境に慣れてくるのでトラブルに合わなくなります。あなたが体験したように「あなたはこの特定の体験のために立っているのか座っているのか」体験はあなたに適応します。

質問:人々がこれらを使用すると思われる期間はどうですか?以前使用していたこれらのヘッドセットでは、ゲームのために飛び込んできて、もう一度飛びだしてきます。多分ここで数時間遊ぶでしょう。今、私は理論的には、これらのヘッドセットの1つでWindowsを操作することができます。私は一日中、一日中それをしてもいいですか?そこに安全性や健康に関する考慮事項はありますか?

キップマン:これは、2015年でのMixed realityに世界を導入させたものから戻ったものです。私たちは、「最高のプレミアムに置く重要な点は快適です」と言いました。これは、あなたの頭の上のデバイスの快適さ、またはあなたの目に入る入力の快適さかもしれません。HoloLensを最初に定義したとき、他のすべてのデバイスは気持ち悪くなりました。あれらは頭に不快だった。だからこそ、あなたは職場でのHoloLensの大きな牽引力を見ているのです。ゲームをプレイするだけでなく、仕事をすることです。私たちがサイエンスの事実に変じたサイエンスフィクションは、「あなたはどのようにしてこれらのヘッドセットで非常に快適な体験をすることができますか?」という前提から始まります。

Virtual realityの領域へ移行する中で、HoloLensのテクノロジーを中に置き、HoloLensのノウハウや学びの全てを利用して、デバイスが快適であることを確認します。それは、前庭の視点と頭の視点での快適さからきます。だから、誰も心配する必要はありません。健康上の問題はありません。我々は背面にデバイスを持っており、あなたはそれらで遊ぶことができます。それらを置いて次に他のデバイスを身に着ける。私はあなたの目により快適になることを保証します。そしてそれはデザインによってです。

[研究者になりたかった青二才の戯言日記]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」